色川の産品、宿泊、体験ツアー、WEBショップは「ええわだ!色川」のページへ!!
Toggle

ふるさと色川

  自給自足 満足まんぞく 生きて行こう

2016/2

田垣内区の厄払い・歳祝い盛大に

田垣内区の厄払い・歳祝い盛大に

713
1月24日、田垣内区籠の子安地蔵は年に一度、多くの人で賑わう。毎年この日に厄払いの餅ほりが行われるのだ。今年は籠在住の篠崎光男さんの米寿祝いと宇久井在住の菊池康元さんの厄払いが執り行われた。毎年色川外の人も多く訪れる。籠在住の子どもたちも加わり、とても賑やかだ。 全員で般若心境を唱えた後、待ちに待った餅ほりが行われる。…
無病息災を祈年 大野区大般若会

無病息災を祈年 大野区大般若会

714
1月15日、大野区楞巌寺(楞嚴院)にて「大般若会(だいはんにゃえ)」が執り行われた。 大般若経の「空」の教えを体得し、五穀豊穣や無病息災を祈念する「大般若会」。行われる時期は、寺や宗派によって違い、大野区では毎年1月に行われている。 大般若経は、約500万字もの膨大な量に及ぶ。そのすべてを法要時に読むのは、多くの時間が…
新春初笑い!色川寄席

新春初笑い!色川寄席

743
全国的に天気が荒れ、寒風の吹いた1月23日。口色川会館は、寒さを吹き飛ばす大きな笑い声に包まれた。「色川山里文化クラブ」(外山哲也会長)主催の、新春恒例「色川寄席」だ。5代目桂文三(ぶんざ)師匠と桂雀喜(じゃっき)師匠が、3つの噺(はなし)を熱演した。 始まりは、恒例になりつつある、南平野区浦勝良さんの「江戸芸かっぽれ…
ジオパークになった坊主岩を目指して

ジオパークになった坊主岩を目指して

783
南紀熊野ジオパーク。それはジオ(地球)に関わるさまざまな自然遺産のことで、その地域の大地のなりたちを知るだけでなく、歴史・文化・動植物・食などを通じて、大地と人の暮らしの関わりを実感して楽しむところだ。その中には坂足区にも認定された場所がある。それは坊主岩(帽子岩)だ。皆さんも一度は耳にしたことがあるだろう。だが実際に…
妙法小学校での最後の演奏

妙法小学校での最後の演奏

1088
まだ、お正月気分が残る1月8日、旧妙法小学校から、グランドピアノが運び出された。 埃にまみれ、中にはネズミの巣まであったが、講堂の主はその場での最後の曲を奏で、熊野市の神川中学校へと旅立ちました。 役場総務課、ピアノ調律師、そして、復活プロジェクトの発起人のピアニスト天平さんなど多くの方が見守るなか、しっかりと布団に包…
Return Top