色川の産品、宿泊、体験ツアー、WEBショップは「ええわだ!色川」のページへ!!
Toggle

ふるさと色川

  自給自足 満足まんぞく 生きて行こう

2017/6

脅威のリピート率! 参加者大満足の 茶作り体験 円満地公園

脅威のリピート率! 参加者大満足の 茶作り体験 円満地公園

325
5月7日、雲ひとつない青空が広がった円満地公園オートキャンプ場で、茶摘み・釜炒り茶作り体験が行われた。なんと、参加者約六十名のうち、八割近くがリピーターということで、おいしいお茶を作りたい!という一年越しの熱い想いが足取りを早めたのだろうか。半数近くの方が受付開始時間よりも早く来園し、颯爽と籠を腰に巻いて茶畑へと向かう…
新たな社務所がお目見え

新たな社務所がお目見え

234
普段県道を走ることが多い方は、すでに目にされている光景と思うが、小阪区椙吉神社の境内に、新たな社務所が建設され、先日無事に工事が完了した。 2011年、紀伊半島大水害で、椙吉神社も例外ではなく大きな被害を受けた。本殿裏にある杉の木によって、奇跡的に本殿が流されることはなかったが、石垣は大きく崩れ、土砂によって以前の社務…
あらわれた灯篭の謎に迫る

あらわれた灯篭の謎に迫る

254
突如として現れた灯篭。そこは神社でもなければ日本庭園でもない。カヤが茂る道の端。 誰が何のためにおいたのか。不法投棄かそれとも宇宙からの使者の仕業か。探偵の血が騒ぐ。 まずは現地調査。うん、いたって変哲もないどこにでもありそうな灯篭だ。ロウソクを置く部分は少し黒くなり昔使っていた形跡はみられる。足元がセメントで固められ…
お茶の収穫始まる

お茶の収穫始まる

267
5月。お茶の収穫シーズンがやってきた。色川の茶畑から「ブーン、ブーン」と茶刈り機の音が響いてくる。色川茶は昔からの名産で、熊野古道・大雲取越の地蔵茶屋では、古道を歩く旅人たちに振る舞って疲れを癒やしていたそうだ。 そんな色川には茶工場が2つある。一つは色川茶業組合。昔からの工場で主に地元の人が運営をしている。もう一つは…
田植え体験イベントに70人が集まる

田植え体験イベントに70人が集まる

265
晴天に恵まれた5月21日、棚田を守ろう会(松木繁明代表)の田植え体験イベントが小阪区で開催され、近隣だけでなく大阪や東京など遠路遥々、大人と子ども合わせて約70人が集まった。 坂足区の後呂光さんから借り受けた、誰もが人間に見間違えてしまうような5体の案山子が参加者を出迎え、驚かせていた。 午前9時になると、前日から練習…
Return Top