色川の産品、宿泊、体験ツアー、WEBショップは「ええわだ!色川」のページへ!!
Toggle

ふるさと色川

  自給自足 満足まんぞく 生きて行こう

イベント

桜咲く♪ 大野保育所卒園式

桜咲く♪ 大野保育所卒園式

19
3月23日、大野保育所の卒園式が執り行われた。 今年の卒園児は、池田優獅くん(口色川区)、多持莉心さん(田垣内区)、山田真央くん(大野区)、矢守健太朗くん(口色川区)の4人。 保護者会長である長澤佐枝実さんが、祝辞の中で「お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんに大事に育てられ、みんなはすくすくと育った」と卒園児…
地域のスター集結! 色川大文化祭

地域のスター集結! 色川大文化祭

19
「色川に住む人も、たまに帰ってくる人も、これから出るかもしれない子どもたちも、『ああ色川にはこんな催しがあった。楽しかったな。また行ってみようかな』そう思ってもらえたら本望です」 山里文化クラブ(外山哲也会長)メンバーの鳥羽山誠一さんが、今回の色川大文化祭進行の中でこう語った。 今年で10回目を迎える色川大文化祭。メン…
禅定林寺で屋久島と熊野が繋がる

禅定林寺で屋久島と熊野が繋がる

121
年明け1月6日に、大野区の禅定林寺で屋久島と熊野をつなぐイベントが行われ、50人以上が集まった。屋久島から「ソウルナビゲーションEarth Tribes」の鈴木ファミリー(洋見さん、恵美香さん、愛虹香さん)が、熊野から色川でもヨガを指導してくれた「Yoga ArboR」の西谷安代さんが出演した。 第1部では、屋久島の赤…
狩猟ツアー特別版 手記

狩猟ツアー特別版 手記

102
「鹿が掛かりました。小阪のくくり罠です」 1月14日朝一番に朗報が入った。この日は狩猟体験ツアーに参加する「南紀くろしお商工会青年部」の皆さんが色川を訪れる日。これで止め刺しから見て貰える。原裕くん、さすがである。 鳥獣被害の深刻さと、狩猟の一連の流れを体感して貰う目的で、NPO法人地域再生ネットワークが主催する「狩猟…
迫力の落語で、新春初笑い!

迫力の落語で、新春初笑い!

106
恒例の山里文化クラブ(外山哲也会長)による「色川寄席」が、今年も口色川会館で行われた。開催日の1月20日は、日中とてもいい天気だったためかスタッフ含め約40人の老若男女が集まった。 幕開けは、浦勝良さんによる「江戸芸かっぽれ」。桂文三さんも「これがないと始まらない!」というほど、今や色川寄席での定番演目。登場するだけで…
大型イベントで棚田をアピール

大型イベントで棚田をアピール

68
そびえ立つ大きな建物。そこに吸い込まれる人々。中は熱気に包まれ、どこもかしこも人、ひと、ヒト。ここは、環境とエネルギーの未来展「エコプロダクツ」の会場。場内には、イオン、味の素、CANON、マツダなどなど有名企業がブースを展開し、環境に優しい技術や活動が紹介されている。 会場内を奥へ進んでいくと、一画に「日本の棚田共同…
「つれもて行こらキャンプ」で色川のファンを作ろう!

「つれもて行こらキャンプ」で色川のファンを作ろう!

196
日々、様々な人が訪れる色川。住民の家族・知人・友人はもちろん、移住希望者、大学生や他地域からの視察、ふらりと訪ねて来る人などなど。そんな人々に、ここでの暮らしを伝え、「色川のファン、ひいては移住者や仲間を増やそう!」と新しいイベントが立ち上がった。その名も「つれもて行こらキャンプ」。若手の有志たちを中心に、会場設営や食…
台風にも負けず、40回目の籠の運動会開催

台風にも負けず、40回目の籠の運動会開催

171
11月3日、「第40回籠の大運動会」(色川西部地区・町公民館籠分館主催)が元籠小学校運動場で開催された。当初10月に予定していたが、台風の影響によりこの日に延期された。当日は晴天に恵まれ、色川の住民を中心に町内外から200人以上の参加者が訪れ、山あいの静かな集落に歓声が響き渡った。 1977年に廃校となって以降、「籠小…
子ども体験博に色川が初出店!

子ども体験博に色川が初出店!

189
新宮青年会議所(新宮JC)主催の「子ども体験博in那智勝浦町~知ろう地域の仕事・お店・文化~」が、9月24日に町体育文化会館で開催された。当日は、約2000人もの親子連れでにぎわった。 館内では、大工、銀行、介護など地域のさまざまな仕事が体験でき、特に、パティシエ・ネイル体験が人気だった。 ステージではダンス・音楽など…
収穫の喜びを分かち合う

収穫の喜びを分かち合う

231
台風接近によって予定日より1日ずれた9月18日。前日とは打って変わった台風一過の気持ちいい好天のもと、毎年恒例の棚田を守ろう会(松木繁明会長)による稲刈り体験イベントが行われた。 例年より参加者は少なめだったが、JUON(ジュオン)ネットワークのツアー参加者や県庁職員などのリピーターが多く参加。手刈りの方法を教わりなが…
Return Top