色川の産品、宿泊、体験ツアー、WEBショップは「ええわだ!色川」のページへ!!
Toggle

ふるさと色川

  自給自足 満足まんぞく 生きて行こう

イベント

棚田に150mの流しそうめん登場

棚田に150mの流しそうめん登場

33
7月1日、小阪の棚田の草取り体験前日。樹恩の朝は早い。6時に起床。朝食の支度から片づけ、弁当作り、その後、棚田で事前に草取り…のはずだった。 樹恩とはNPO法人ジュオンネットワークのこと。都市と農村の人々を結び、環境保全や地域文化の発掘・普及など様々なボランティア活動を展開する団体だ。年4回ある棚田のイベントに参加者を…
盛りだくさんの「森のおはなし会」

盛りだくさんの「森のおはなし会」

34
6月25日、くらしごと文庫開館2周年を記念して「森のおはなし会」が開催された。前夜の激しい雨で開催が危ぶまれたものの、朝には雨脚が弱まり、約50人(うち子ども約30人)が円満地公園管理棟に集まった。 今回のテーマは「生まれる」。テーマに沿った、たくさんのプログラムが用意された。大西茜さんによる手遊びわらべ唄、色川小学校…
脅威のリピート率! 参加者大満足の 茶作り体験 円満地公園

脅威のリピート率! 参加者大満足の 茶作り体験 円満地公園

167
5月7日、雲ひとつない青空が広がった円満地公園オートキャンプ場で、茶摘み・釜炒り茶作り体験が行われた。なんと、参加者約六十名のうち、八割近くがリピーターということで、おいしいお茶を作りたい!という一年越しの熱い想いが足取りを早めたのだろうか。半数近くの方が受付開始時間よりも早く来園し、颯爽と籠を腰に巻いて茶畑へと向かう…
田植え体験イベントに70人が集まる

田植え体験イベントに70人が集まる

110
晴天に恵まれた5月21日、棚田を守ろう会(松木繁明代表)の田植え体験イベントが小阪区で開催され、近隣だけでなく大阪や東京など遠路遥々、大人と子ども合わせて約70人が集まった。 坂足区の後呂光さんから借り受けた、誰もが人間に見間違えてしまうような5体の案山子が参加者を出迎え、驚かせていた。 午前9時になると、前日から練習…
約700人ものランナーたちが町内を駆け抜ける

約700人ものランナーたちが町内を駆け抜ける

229
「日本で一番参加者に優しい」とランナーに言わしめるほど、ランナー界で定評のある「奥熊野いだ天ウルトラマラソン」。今年も、65、88、100㎞の3部門で、合計約700人ものランナーたちが、那智勝浦町内を駆け抜けた。 ランナーたちにこの大会が愛されている理由は、各エイドの素晴らしすぎる「もてなし」によるところが大きいだろう…
おしかけ演奏会 増席するほど盛況

おしかけ演奏会 増席するほど盛況

173
ウルトラマラソンのランナーたちが色川を駆け抜けていった4月23日の午後、那智勝浦吹奏楽団(大江一恵団長)による「第2回おしかけ演奏会in色川」が籠ふるさと塾で開催された。 一昨年4月の第1回の後、楽団内で「また色川で演奏したい」との声が高まり、今回の開催に至った。なんと楽団から町内全戸へチラシを郵送という気合の入った広…
防災を考えるジオツアー

防災を考えるジオツアー

194
3月4日、第4回ワダイの防災ジオツアー(色川のジオツアー)が行われました。これは、和歌山大学災害科学教育センターが、南紀熊野ジオパークで活動するジオガイドグループ「たいジオ。」と一緒に企画したツアーです。このツアーの趣旨は「色川の魅力を満喫するとともに、災害や地域の歴史を正しく理解し、今後の地域防災について共に考える機…
花より団子?大勢で賑わった桜祭り

花より団子?大勢で賑わった桜祭り

160
4月2日日曜日に、円満地公園オートキャンプ場で開かれた「桜祭り」。色川の方、町内の方はもちろん、県外からも来場者があり、この日200名以上の方が円満地公園を訪れた。 イベントは、10時から開始。それに合わせて、ぜんざい、おにぎりや餅の振る舞いが始まり、すぐに長い列ができた。さらに、11時から始まった猪骨ラーメンの振る舞…
狩猟ブームで田舎のファンを増やせ!

狩猟ブームで田舎のファンを増やせ!

444
昨年に続き、今年も色川で狩猟体験ツアーを実施している。狙いは「まち」の人に獣害の深刻さ、田舎の豊かさを知ってもらいたいというもの。「まち」というと、以前、東京駅のホームを歩いた時にふとこんなことを思った。 「今、すれ違った何人の人が獣害という言葉を知っているのか」 いわゆる職業病というやつだ。そして答えは想像に難くない…
なぜこれが?謎の売れ筋、まぐろ祭り

なぜこれが?謎の売れ筋、まぐろ祭り

228
全国有数の生鮮まぐろの水揚げを誇る勝浦漁港で、1月28日、恒例のまぐろ祭りが開催された。珍しくぽかぽかと陽気な気候のなか、会場はまぐろ汁や格安の刺身を求める約1万3000人の客でにぎわった。 23回目となる今回の祭りでは、那智大社御創建1700年と青岸渡寺西国三十三所草創1300年を記念して、1700食の刺身無料配布や…
Return Top