色川の産品、宿泊、体験ツアー、WEBショップは「ええわだ!色川」のページへ!!
Toggle

ふるさと色川

  自給自足 満足まんぞく 生きて行こう

伝統・文化

田垣内の施餓鬼

田垣内の施餓鬼

91
連日の猛暑が続く中、色川の各地区でお盆の伝統行事「施餓鬼(せがき)」が行われた。 田垣内区の施餓鬼は8月12日に寶珠寺で行われた。「お盆には、ご先祖様の霊とともに、有縁無縁たくさんの霊がやってきます。それらすべて、分け隔てなくお迎えし、ご供養するのが施餓鬼です」と言う大泰寺の西山十海(とうみ)住職の話で始まり、住職が焼…
夏の風物詩、色川盆踊り大会

夏の風物詩、色川盆踊り大会

100
「ちょいと踊り子衆ご相談がござる〜」 円満地公園オートキャンプ場に、美声が響く。今年も、盆踊り保存会(松村光隆会長)主催の盆踊り大会が、8月14日に開催された。当日は雨の予報で、途中で雨が降ったが、なんとかもちこたえ、無事開催された。 屋台には焼きそば、焼き鳥、唐揚げにかき氷、おでんやジビエホットサンドなど、おいしその…
色川のわらぞうりが支える火祭り

色川のわらぞうりが支える火祭り

65
7月14日、「ハーリャ」「ハーリャ」と那智山から掛け声が響いてくる。この日、熊野那智大社の例大祭、「那智の扇祭り」(那智の火祭り)が斎行された。 朝7時、那智山周辺の集落から続々と扇神輿を担ぐ氏子たちが集結。この祭りは、年に一度12体の熊野の神々を扇神輿に遷し、那智大社から那智の滝へ里帰りするもの。12体の扇神輿は那智…
お米の無事収穫を願って 斎講

お米の無事収穫を願って 斎講

107
6月10日、小阪で斎講が行われた。南泉寺の戸が開け放たれると、ひんやりとした新鮮な空気が流れ込んだ。朝早くから寺役の住民が集まり、掃除やお供え物の準備にとりかかった。 お盆の上に擬宝珠(ギボウシ)の葉が並べられ、その上に小さなおにぎりが乗せられた。この小さなおにぎりは、斎講が終わったあと、田んぼを作っている人が持ち帰り…
感謝を込めて祈りを捧げる

感謝を込めて祈りを捧げる

145
風が強くもよく晴れた2月4日。熊瀬川区の行事「金光明最勝王経一字一石塔の会式」が執り行われた。 一字一石塔とは、石に一字ずつお経の文字を書写した「一字一石経」を土に埋め、その上に建てた碑のこと。大きな災害や飢饉、疫病などが起こった後に、慰霊や災難退治のため建てられることが多いものだそうだ。 当日は、両谷庵で準備を済ませ…
41回目を数える「お弓行事」開催

41回目を数える「お弓行事」開催

227
1月2日、比較的寒いながらも天候に恵まれたこの日、大野区のお弓保存会(吉田創会長)による新春の伝統行事「お弓祭り」が、旧色川中学校・運動場跡で執り行われた。 前日の元旦には、色川神社で禊(みそぎ)の儀式が行われ、同会メンバーのなかから、代表して4人が心身を清めた。 お弓祭りは、五穀豊穣や無病息災、村の繁栄を願って的射の…
台風にも負けず、40回目の籠の運動会開催

台風にも負けず、40回目の籠の運動会開催

340
11月3日、「第40回籠の大運動会」(色川西部地区・町公民館籠分館主催)が元籠小学校運動場で開催された。当初10月に予定していたが、台風の影響によりこの日に延期された。当日は晴天に恵まれ、色川の住民を中心に町内外から200人以上の参加者が訪れ、山あいの静かな集落に歓声が響き渡った。 1977年に廃校となって以降、「籠小…
万物への感謝を込めて、祈る

万物への感謝を込めて、祈る

398
「お盆には、ご先祖様の霊とともに、有縁無縁たくさんの霊がやってきます。それらすべて、分け隔てなくお迎えしご供養するのが施餓鬼です」 8月12日、大泰寺住職の話で、熊瀬川区の施餓鬼が両谷庵で始まった。外に向かい祭壇をこしらえる。これが、その施餓鬼の考えを表しているそうだ。 熊瀬川区でとりわけ目を引くのが、その飾り付け。長…
人と人との出会いを結ぶ 、色川盆踊り大会

人と人との出会いを結ぶ 、色川盆踊り大会

380
平安時代の踊念仏に端を発し、お盆の行事と結びついて死者を供養する行事となった盆踊り。江戸時代には全国に広がり、地域の人々の交流の場になっていったという。 今年も、盆踊り保存会(松村光隆会長)主催の盆踊り大会が、8月14日に円満地公園オートキャンプ場で開催された。青年会による生ビールや焼きそば、唐揚げ、備長炭で焼いた焼き…
見習いメンバーが音頭取りを練習中!

見習いメンバーが音頭取りを練習中!

462
色川盆踊り保存会(松村光隆会長)は、8月14日に開催される色川盆踊り大会に向けて音頭の練習を毎月行っている。7月15日は、大会当日の段取りを確認した後、音頭取りの練習が始まった。メンバーはベテランの後呂光さん、松村光隆さん、大東利吉さんと、見習い中の城村裕次さん、吉田創さん、安田裕志さんの6人。1、2、3拍子があり、「…
Return Top