色川の産品、宿泊、体験ツアー、WEBショップは「ええわだ!色川」のページへ!!
Toggle

ふるさと色川

  自給自足 満足まんぞく 生きて行こう

地域活動

新たな社務所がお目見え

新たな社務所がお目見え

2
普段県道を走ることが多い方は、すでに目にされている光景と思うが、小阪区椙吉神社の境内に、新たな社務所が建設され、先日無事に工事が完了した。 2011年、紀伊半島大水害で、椙吉神社も例外ではなく大きな被害を受けた。本殿裏にある杉の木によって、奇跡的に本殿が流されることはなかったが、石垣は大きく崩れ、土砂によって以前の社務…
田植え体験イベントに70人が集まる

田植え体験イベントに70人が集まる

4
晴天に恵まれた5月21日、棚田を守ろう会(松木繁明代表)の田植え体験イベントが小阪区で開催され、近隣だけでなく大阪や東京など遠路遥々、大人と子ども合わせて約70人が集まった。 坂足区の後呂光さんから借り受けた、誰もが人間に見間違えてしまうような5体の案山子が参加者を出迎え、驚かせていた。 午前9時になると、前日から練習…
明るく、生き生きとした集落へ 大きく前進

明るく、生き生きとした集落へ 大きく前進

199
色川では各集落で木を切って明るくなり獣が田畑に出てきにくい環境整備が行なわれています。口色川で進めている「色川を明るくする会」が進んで木を伐採して集落に明るさを取り戻すことを目的に動いていることを受け今回は小阪でもまた伐採が進められました。 伐採をはじめるにあたり小阪の総会で話し合って木を切る場所の選定がされ、予算を立…
狩猟ブームで田舎のファンを増やせ!

狩猟ブームで田舎のファンを増やせ!

335
昨年に続き、今年も色川で狩猟体験ツアーを実施している。狙いは「まち」の人に獣害の深刻さ、田舎の豊かさを知ってもらいたいというもの。「まち」というと、以前、東京駅のホームを歩いた時にふとこんなことを思った。 「今、すれ違った何人の人が獣害という言葉を知っているのか」 いわゆる職業病というやつだ。そして答えは想像に難くない…
姓のルーツを探る色川姓サミット

姓のルーツを探る色川姓サミット

343
自分の名字にはどんな意味があるんだろう?その由来は何だろう? みなさんも一度は考えたことがあるのではないだろうか? 11月6日、色川小中学校新校舎で、色川姓の皆さんが集う第2回色川姓サミットが開催された。開催の主体は、色川姓サミット実行委員会(会長 田古良元昭)。2014年に続き、二回目の開催となる今回は、総勢15名の…
新年に向けての準備 棚田のしめ縄作り

新年に向けての準備 棚田のしめ縄作り

259
11月20日、秋とは思えない暖かさの中、棚田を守ろう会(松木繁明代表)による餅つき・しめ縄作り体験が小阪区で行われた。 このイベントは棚田を守ろう会が農業体験の一環として行っているもので10年以上続けられている。今年は参加者が数人と少ないこともあって、アットホームな雰囲気の中、細かいところまで丁寧に教わることができたよ…
あげいん熊野詣に色川から参加

あげいん熊野詣に色川から参加

193
「第30回あげいん熊野詣」(那智勝浦町観光協会主催)が10月23日に那智山で開催された。当日は朝から穏やかな天気。平安期の熊野御幸を再現するように、時代衣装に身を包んだ全国からの参加者約200人が、熊野那智大社、那智山青岸渡寺、那智の滝を参詣した。 色川からは、色川茶業組合(久保元勇代表)による茶がゆの振る舞いのほか、…
妙法小学校のプールを防火水槽に

妙法小学校のプールを防火水槽に

242
那智勝浦町消防団第6分団(松木繁明分団長)の定期訓練が10月16日に行われた。定期訓練では、部隊行動の基礎を作る各個訓練や放水訓練が行われ、いつ訪れるかわからない有事に備えて団員たちは励んでいる。 しかし、今回の訓練は少し違った。色川の川は水量が多い地区もあれば、少ない地区もある。そこで、水を確保するために23年前に休…
堆肥、届けます!

堆肥、届けます!

247
色川堆肥組合(松本安弘組合長)による堆肥の販売が9月22日に行われた。同組合は年に2回、注文を受けた色川内の住民の各家庭に堆肥を配達している。牛ふんや醤油粕、米糠、発酵菌などを混ぜて、約半年間、切り返したものを使っている。 この日は午前9時に組合員12人が小阪区の堆肥場に集合。まず2人1組になって袋に堆肥を入れる作業を…
心身をのばす ヨガクラス開催

心身をのばす ヨガクラス開催

279
色川でヨガのクラスが9月7日に開かれ、住民12人が集まった。当初、円満地公園の芝生で開催予定だったが、台風接近中だったため、大野区の保郷会館を借りての開催となった。 先生はyogaAvouR代表で、熊野川在住の西谷安代先生。普段、新宮市や那智勝浦町でクラスを持っている。子育てや畑仕事で忙しい色川の人々にとって村内ででき…
Return Top