色川の産品、宿泊、体験ツアー、WEBショップは「ええわだ!色川」のページへ!!
Toggle

ふるさと色川

  自給自足 満足まんぞく 生きて行こう

未分類

コラム2015.4

コラム2015.4

665
4月、寒さも少しずつ和らぎ暖かくなってきました。春は別れと出会いの季節ですが、校舎建て替えのために色川小学校の解体作業が3月に始まりました。あっという間に校舎の面影はなくなってしまい、残ったのは広い跡地だけ…。寂しくはなるが新しく建てられる校舎を楽しみにしたい。そして校庭に残されたのは、今年も美しく咲いた一本の桜の木。…
命の大切さを学ぶ

命の大切さを学ぶ

1211
那智勝浦町立色川小学校(丸谷昌良校長)で、「命の教育」と題する授業が1月15日に行われた。 これは同校育友会の企画で、「かづこ助産院」(同町北浜)の本舘千子院長を講師に迎え、児童が命の誕生や大切さについて学ぶ授業。昨年に続き2回目の今回は保護者や地域住民も参加した。 「命の始まりの大きさは、0.13ミリのほんの小さな点…
色川小・中学校の入学式

色川小・中学校の入学式

16
那智勝浦町立色川中学校(畑尻正大校長)で入学式が4月8日に行われました。今年度の新入生は溝口真然君と菊地海来さん。緊張した面持ちで入場した2人を保護者や住民が盛大な拍手で出迎えました。 –pagebreak– 新入生を代表して菊地さんが「これから3年間、部活動や勉強など頑張って、皆と楽しく過ごし…
秋の豊作を祈願

秋の豊作を祈願

30
幾重にも連なる棚田で、まだ小さな苗が風にそよぐ初夏の小阪区。龍興山南泉寺から、住職の厳かな声が聞こえてきます。毎年6月10日、小阪区の住民が田植え後に稲の豊作を祈る斎講(ときこう)が、今年も行われました。 –pagebreak– この伝統行事では、水の神様である八大竜王の名前を書き記した杉皮と、…
籠から那智山へ、昔の街道を歩く

籠から那智山へ、昔の街道を歩く

21
「ここは小学校への道。放課後や土曜日に、ほうきを持って皆で掃除したもんや」 お年寄りの声に、若者たちが耳を傾けています。7月23日に開催された、色川の昔の道を歩く企画の一コマです。 –pagebreak– 企画者は、熊野に通い続ける北海道在住の写真家、栂嶺(つがみね)レイさん。車道ができる以前、…
宮祭りで豊作を祈願

宮祭りで豊作を祈願

20
口色川区で杉本神社の例大祭が9月1日に行われました。毎年この日に開かれる宮祭りで、区民は3日前に神社を掃除し、2日前にもち米50キロを洗い、前日にもちをついておきます。また、宮祭りの後には、口色川区の青年会「成友会」主催の懇親会が開かれるため、区の婦人会「みどりの会」が前日から料理を準備しました。 –pag…
徳島県上勝町住民が訪問

徳島県上勝町住民が訪問

23
徳島県上勝町の住民33人が10月9日に色川地区を訪問し、町立籠ふるさと塾で色川の住民と交流しました。 –pagebreak– 今回訪れたのは、生実地区の4集落の住民20人と傍示地区の4集落の住民13人の計33人。色川からは、6区の区長や色川地域振興推進委員会の委員など13人が参加しました。 上勝…
色川で華道を教えて25年

色川で華道を教えて25年

28
「色川地区の生徒さんは、人間的にすばらしい」と語るのは、西畑幸子さん。公民館が主催する色川成人学級の華道(嵯峨御流)の先生で、この道55年の大ベテランです。1985年からの25年間、色川地区で華道教室を持ち、開始当初は南平野・小阪・籠の3カ所で、現在は南平野と籠の2カ所で計13人の生徒に教えています。 –p…
1月22日、色川寄席開催

1月22日、色川寄席開催

19
色川山里文化クラブは、22日午後6時から、「色川寄席」を開催します。出演は、昨年も来てくれた五代目 桂文三(ぶんざ)師匠など。ぜひお越しください。 –pagebreak– 日時:1月22日(土)午後5時半開場、6時開演 会場:口色川会館 料金:大人1,000円  
女性たちがエコバッグ作りに挑戦

女性たちがエコバッグ作りに挑戦

27
「第33回色川みどりの会総会」が6日に口色川会館で開催されました。年に一度の婦人会の集まりで、今年は各地区(大野、口色川、熊瀬川、西部)から30人ほどが参加しました。第33回色川みどりの会総会」が6日に口色川会館で開催されました。年に一度の婦人会の集まりで、今年は各地区(大野、口色川、熊瀬川、西部)から30人ほどが参加…
Return Top