色川の産品、宿泊、体験ツアー、WEBショップは「ええわだ!色川」のページへ!!
Toggle

ふるさと色川

  自給自足 満足まんぞく 生きて行こう

未分類

コラム2015.4

コラム2015.4

697
4月、寒さも少しずつ和らぎ暖かくなってきました。春は別れと出会いの季節ですが、校舎建て替えのために色川小学校の解体作業が3月に始まりました。あっという間に校舎の面影はなくなってしまい、残ったのは広い跡地だけ…。寂しくはなるが新しく建てられる校舎を楽しみにしたい。そして校庭に残されたのは、今年も美しく咲いた一本の桜の木。…
命の大切さを学ぶ

命の大切さを学ぶ

1295
那智勝浦町立色川小学校(丸谷昌良校長)で、「命の教育」と題する授業が1月15日に行われた。 これは同校育友会の企画で、「かづこ助産院」(同町北浜)の本舘千子院長を講師に迎え、児童が命の誕生や大切さについて学ぶ授業。昨年に続き2回目の今回は保護者や地域住民も参加した。 「命の始まりの大きさは、0.13ミリのほんの小さな点…
色川青年会が大型ごみを回収

色川青年会が大型ごみを回収

23
「おはようございます!寒い中ありがとうございます」 真冬に逆戻りしたような寒さを切り裂き、色川一元気な男の声がこだましています。   3月11日、色川青年会(鳥羽山誠一会長)による不法投棄&大型ごみ回収が行われました。 –pagebreak– 後を絶たない不法投棄の根絶に取り組み、また…
みどりの会のゴキブリだんご作り

みどりの会のゴキブリだんご作り

33
ゴキブリが出始める季節、色川地区の婦人会「みどりの会」(齋藤真弓会長)は、ゴキブリ駆除のホウ酸だんごを作って各家庭に配布する活動を毎年行っています。口色川区では、23日に会員が集まってだんごを作り、区の全戸と色川診療所や寺社に配りました。 –pagebreak– だんごの材料は、会員が持ち寄った…
色川の取り組みがテレビ和歌山で放映

色川の取り組みがテレビ和歌山で放映

37
和歌山県が、公共の福祉増進への功労者やその他広く県民の模範となるべき個人・団体を表彰し、その功績をたたえることを目的とする県知事表彰。平成22年度は、「地方自治の新興」「産業の振興」「教育、文化等の振興」など10部門で、52人と10団体が受賞しました。その中で、さまざまな取り組みにより地域の活性化に貢献した個人・団体が…
円満地公園でパッチワーク展

円満地公園でパッチワーク展

36
円満地公園オートキャンプ場の管理棟で、8月31日までパッチワーク展を開催中です。 –pagebreak– 作品は、町内湯川の上地(うえじ)スミ子さんが制作。幾何学的な模様から熊野古道を表したものまで、さまざまな作品を展示しており、大きなものは畳3畳ほどもあります。バッグやぬいぐるみなどの小物も販…
棚田で約40人が稲刈り

棚田で約40人が稲刈り

35
色川の住民有志による「棚田を守ろう会」(原和男代表)が、小阪区の米作り体験農場で、稲刈りの体験イベントを19日に開催しました。快晴の秋空の下、一般参加者とスタッフの約40人が、刈り取りに汗を流しました。 –pagebreak– 参加者には、6月の田植え体験にも来た人や、東京から初めて参加した人な…
山の神様をまつる山祭り

山の神様をまつる山祭り

33
はるか昔、神話の時代。海の神様と山の神様が、海の生き物と山の樹木と、どちらの数が多いか数えることになりました。数で負けそうになった山の神は、山にいた人を木として数え、数えられた人を木にしてしまいました・・・。 –pagebreak– 11月7日は「山祭り」。この日は山の神が木の本数を数える日とさ…
正月の準備を体験

正月の準備を体験

26
「色川が好きで、ここにいられるだけで満足」と語るのは大阪在住の西眞由美さん・勇斗君親子。昨夏、初めて色川を訪れ、色川百姓養成塾の活動に参加。すっかり色川を気に入り、再び塾生として12月25日から30日に訪問しました。 –pagebreak– 今回は、田垣内区の住民の協力の下、もちつきやさんま寿司…
熊瀬川の伝統行事

熊瀬川の伝統行事

36
ひときわ厳しい「寒」が明けた立春の日、熊瀬川区で金光明最勝王経一字一石塔の会式が行われました。 –pagebreak– この石塔は、「金光明最勝王経」の経文を一字ずつ小石に書き写して地中に埋め、その上に建てた石塔で、天保14年(1843年)に建立されました。会式は、昔から毎年2月4日に営まれ、ご…
Return Top