色川の産品、宿泊、体験ツアー、WEBショップは「ええわだ!色川」のページへ!!
Toggle

ふるさと色川

  自給自足 満足まんぞく 生きて行こう

未分類

小学校に1人、中学校に6人が入学

小学校に1人、中学校に6人が入学

24
校庭の桜が満開を迎えた4月8日、町立色川小学校(丸谷昌良校長)、色川中学校(汐崎利勝校長)で入学式が行われました。–pagebreak– 9時に開式した小学校では、新1年生の溝口心さんが、6年生の菊地実奈さんと手をつないで入場。1人だけの入学式となったが、名前を呼ばれると、元気よく返事をしました…
救急救命法の講習会を開催

救急救命法の講習会を開催

18
那智勝浦町立色川小学校育友会(大石健司会長)と町立色川中学校育友会(吉田創会長)は、救急救命法講習会を、6月3日に同小学校講堂で開催し、保護者や中学生、教員ら約25人が参加しました。–pagebreak– 夏の水遊びシーズンを前に、水の事故など緊急時に必要な心配蘇生法やAED(自動体外式除細動器…
色川発の涼スイーツ

色川発の涼スイーツ

16
「色川よろず屋」(口色川742−2)の隣に、新しい食品加工施設「あぐり工房いろかわ」(大河内至代表)が完成し、このたび初めてとなる商品が発売されました。–pagebreak– 自家製の梅シロップと梅ジャムを使った「梅っ。」と、色川茶の両谷園の緑茶を使った「茶。」の2種類の寒天スイーツ…
お弁当でお年寄りに元気を

お弁当でお年寄りに元気を

13
台風12号により大きな被害を受けた口色川区。その後も雨のたびに避難を余儀なくされるなど、住民は不安を抱えて生活しています。–pagebreak– 高齢者だけの世帯も多く、そんなお年寄りたちに少しでも元気になってもらいたいと、口色川区のみどりの会(婦人会)が、励ましの弁当作りを企画。10月2日に9…
棚田でしめ縄作り体験

棚田でしめ縄作り体験

15
棚田を守ろう会(原和男代表)主催のしめ縄作り体験が、11月27日に小阪区の米づくり体験農場で行われた。–pagebreak–   この体験は棚田でとれた稲わらを使って正月用のしめ縄を作ろうというもので、希望者にはわらそうりの作り方も教えてくれる。講師として地元小阪の苅屋強光さん、中西久…
「大般若」の祈祷会

「大般若」の祈祷会

15
大野区の伝統行事「大般若」の祈祷会が1月15日に楞巌寺にて行われた。–pagebreak–楞巌寺は同区の北西の山に位置し、集落を一望できる。 祈祷会が始まる30分ほど前から少しずつ住人が集まり始めた。寺の急な石段を上りきり一息つくと、あちこちから「階段がしんどい」「年齢を感じる」という言葉が聞こ…
小阪の花祭り

小阪の花祭り

28
4月8日、気持ちの良い朝。 いつもは締め切っている小阪の南泉寺に、ぽつりぽつりと住民がやってくる。 花祭りだ。–pagebreak– この寺には、住職がいない。 準備するのは、順繰りに回ってくる寺役を担当する人たち。 前日、寺を掃除し、団子と呼ばれる小さくてまん丸のおはぎを作り、甘茶を沸かす。 …
色川小・中学校の入学式

色川小・中学校の入学式

30
那智勝浦町立色川中学校(畑尻正大校長)で入学式が4月8日に行われました。今年度の新入生は溝口真然君と菊地海来さん。緊張した面持ちで入場した2人を保護者や住民が盛大な拍手で出迎えました。 –pagebreak– 新入生を代表して菊地さんが「これから3年間、部活動や勉強など頑張って、皆と楽しく過ごし…
秋の豊作を祈願

秋の豊作を祈願

57
幾重にも連なる棚田で、まだ小さな苗が風にそよぐ初夏の小阪区。龍興山南泉寺から、住職の厳かな声が聞こえてきます。毎年6月10日、小阪区の住民が田植え後に稲の豊作を祈る斎講(ときこう)が、今年も行われました。 –pagebreak– この伝統行事では、水の神様である八大竜王の名前を書き記した杉皮と、…
籠から那智山へ、昔の街道を歩く

籠から那智山へ、昔の街道を歩く

37
「ここは小学校への道。放課後や土曜日に、ほうきを持って皆で掃除したもんや」 お年寄りの声に、若者たちが耳を傾けています。7月23日に開催された、色川の昔の道を歩く企画の一コマです。 –pagebreak– 企画者は、熊野に通い続ける北海道在住の写真家、栂嶺(つがみね)レイさん。車道ができる以前、…
Return Top