色川の産品、宿泊、体験ツアー、WEBショップは「ええわだ!色川」のページへ!!
Toggle

ふるさと色川

  自給自足 満足まんぞく 生きて行こう

視察

内子町で、色川の取り組みを紹介

内子町で、色川の取り組みを紹介

191
色川地域振興推進委員会(新宅伸一会長)の委員6人が、7月21日、明治の町家や屋敷が当時のまま軒を連ねる美しい町並み残る愛媛県内子町を訪問し、色川の取り組みを紹介した。 内子町は南予(愛媛県南部)に位置し、人口は約1万6000人の中山間地域。歴史ある町並みを生かした観光産業に力を入れるとともに、観光と農村資源を結びつけた…
明治大学小田切教授が調査訪問

明治大学小田切教授が調査訪問

703
9月13日から14日かけて小田切徳美(おだぎりとくみ)明治大学教授の調査訪問があった。今回は農文協から刊行される「シリーズ田園回帰」(全8巻)の取材のため、編集者、カメラマンとともに来訪した。 1日目の取材では、移住者を受け入れた当時の経緯や地域の雰囲気、また地元と移住者の関係性や役割感について聞き取りが行われた。2日…
地域に合った獣害対策の研修会「けもの塾」

地域に合った獣害対策の研修会「けもの塾」

863
「ふるさとけものネットワーク」(以下、ふるけも)による獣害対策の研修会「けもの塾」が5月31日~6月4日に千葉県で開かれ、色川からも参加した。 「ふるけもってなんだ?」と思われた方!簡単に言うと野生動物(けもの)の課題で悩む地域(ふるさと)を対象に各地で対策支援を行っている団体のネットワークで、現在4団体で構成されてい…
岩手県一関市議が色川を視察訪問

岩手県一関市議が色川を視察訪問

758
5月28日、岩手県一関市義会から10名が籠ふるさと塾に来訪し、色川の定住促進の取り組みについて視察を行った。 一関市は岩手県南部に位置し、平成17年に1市4町2村が合併した中東北の拠点都市と呼ばれており、人口は約12万人である。面積は1256㎢と田辺市よりも200㎢程さらに広く、色川と同じような中山間地や小さな集落が点…
気仙沼市から視察訪問

気仙沼市から視察訪問

584
東日本大震災からの復興に取り組む宮城県気仙沼市から行政やNPOスタッフら5人と、復興支援を行う大阪ボランティア協会3人が、9月26日に色川地区を視察訪問した。 気仙沼市からの5人は、大阪ボランティア協会の仲介により、阪神淡路大震災の復興支援に取り組んできたNPOや行政、地域が一体となってまちづくりに取り組んでいる地域を…
古座川町からの視察

古座川町からの視察

680
秋晴れのすがすがしい午前10時からお昼の12時まで古座川町地域活性化協議会の15名の皆さんが色川に視察と言う事でわざわざ訪ねて来られました。 ふるさと定住センターを中心に区長連合会長の人やIターンの人、役場の人、元jAみくまのの人、大阪の定住フェアーの時の顔なじみの人、見た事のある顔がチラホラ。さすが隣の町からの視察と…
Return Top