四季折々の自然体験が楽しめる 癒やしの場所

みなみ野フィールズ 不動坂  浦 勝良さん

 

農家民泊を始めたきっかけは?

町役場の色川出張所に勤務していたとき、役場を退職しても色川にいたいと思っていましたが、色川にあった実家は他人の手に渡ってしまっていました。知人を通じて、この家を紹介され、ここから美しい山並みや熊野灘を一望できる景色を一目見て大変気に入りました。「この景色をひとり占めするのはもったいない、都会の人たちがここで過ごしたら癒やされるのでは」と思いました。

ちょうど和歌山県が農家民泊認定制度を立ち上げ、農村での体験型観光に力を入れ始めたので、自分もすぐに申請し、平成19年7月に「不動坂」をオープンしました。

「不動坂」という名前は、この場所の小字名からとりました。裏の山に妙法山へ続く古道があり、その途中にお不動さんがまつられているんです。

「色川に人をひきつけるものを作りたい!」

体験の目玉は?

ブルーベリーの摘み取りジャム作りができます。4年ほど前からブルーベリーを植え始め、現在240本の木があります。
色川は山深いところで、特に何かひきつけるものがあるわけではないんですね。同じ町民でも色川へ行ったことがないという人が多いんです。色川に行ってみようと思わせるものが必要だと考え、ブルーベリーの摘み取り園を始めました。摘み取り体験は、7月中旬から8月の盆過ぎごろまでやっています。

そのほかにも、熊野古道散策や山菜採り、茶摘み、昆虫採集など四季折々の自然体験が楽しめます。

ゴールデンウィークや夏休みに利用するお客さんが多いんですが、季節の草花や紅葉を楽しめるよう、ササユリ、キイジョウロウホトトギス、モミジなども植えています。ちょっと立ち寄ってくつろげるような喫茶も時期限定でできたらなと考えています。

農家民泊にもいろいろなやり方がありますが、「不動坂」ではお客さんに施設を自由に使ってもらい、のんびり過ごしてもらっています。ここからの景色を見て「すごい!」という第一声や、最後に「ゆっくりさせてもらった、ありがとう」という言葉を聞いたとき、本当にうれしいですね。

デッキから一望できる景色は最高

デッキからの夕日

デッキからの夕日

ブルーベリー摘み取り園

ブルーベリー摘み取り園

詳細は「みなみ野フィールズ不動坂」のHPよりご確認ください。
http://www.zd.ztv.ne.jp/ura1008/fudouzaka/index.html

安心して飲めるお茶を作りたい

両谷園 外山 哲也さん

 

両谷園 外山哲也さん

なぜ色川でお茶を作ろうと思ったのですか?

色川に来る前は、すさみ町で15年ほど百姓をしてたんやけど、色川に越して来るにあたって収入の柱が欲しいと思ったとき、両谷園の創業者・榎本靜夫さんがお茶を勧めてくれたからですね。

両谷園では、「安心して飲めるお茶を作りたい」という思いから、無農薬に徹底して栽培しています。2009年に農事組合法人になったんですが、今の組合員は化学肥料も使いません。

リーフで入れたお茶は ほんまにおいしいで!

お茶作りで苦労することは?

苦労ばっかりですね(笑)

お茶は「肥料食い」で、普通1反(1,000平米)に窒素成分で50kg入れるよう指導されるんですが、化学肥料を使わず、牛ふんをまくとすると、牛ふんには1%しか窒素が入ってないので、1反に5tの牛ふんを入れないといけない。体力勝負ですね。実際にはなかなか、そこまで入れられません。無農薬だと病虫害もあって、一番茶、二番茶までしか取れず、苦労のわりには収量が少ないです。工場の機械も老朽化してきたので、少しずつお金を貯めて、更新しています。

今の若い人は特に、お茶を入れないでしょ。ペットボトルばっかりで、急須なんか持ってない。本当はリーフで入れたほうが圧倒的においしいんですよ。お茶を自分で入れて飲む人が増えてほしいですね。


色川の魅力は?

住民の3分の1以上がIターンやけど、色川って産業があるわけやないし、農業にも向かない土地で、生活するのは楽じゃないのに、なんでやろね(笑)先に入ってきている人がおるということが、助けになってるんとちゃうかな。
堆肥を作るグループや野菜を売るグループがあったり、移住者も地元の人も一緒になってアイデアを出し合って、いろんな活動ができるのがええね。毎年ゴールデンウィークのころに円満地公園主催で茶摘み体験をやっていて、両谷園も協力しています。
色川では昔から、お茶を釜で炒って揉んで干した釜炒り茶が作られていますが、茶摘み体験では、自分で摘んだお茶で釜炒り茶を作れます。ぜひ参加してみてください。

両谷園のHPはこちら↓
http://www.zb.ztv.ne.jp/ryokokuen/

円満地公園オートキャンプ場のHPはこちら↓
http://www.zc.ztv.ne.jp/enmanji/

山の中で塩ができるいうて おもろいやろ。

熊野黒潮本舗 松村 光隆さん

 

熊野黒潮本舗 松村 光隆さん

なぜ、山で塩をつくろうと思ったのですか?

おもろいやろ。皆不思議がりよるね。普通は海のそばでやるのが常識やさかな。わざわざ遠いとこまで運ばなあかんのは、効率からいうてもムダやさか(笑)。
なぜかいうたらな、ここ色川には木材がいっぱいあるわけや。それも処分せなあかん、かわいそうな木ばっかりやわ。今やったら間伐材捨てるにも経費かかるしな。「塩」づくりは「火」がいるわけや。すなわち「炊く」ということ。普通に炊くいうたら油(燃料)使うけど、ウチは油(燃料)一切使わんから。木材を処分したりする際に燃やすことで、燃料になるさか、木も最後のご奉公というわけね。だからわざわざ山でやってる。燃料いらんから環境にも貢献しとるで(笑)。

やっぱ、最後はおひさまの力を借りんとな。

塩づくりのこだわりを教えてください。

塩の元は海水やから、炊くときに不純物を除かなあかん。毎朝必ず、そのチリをすくってるけど、結構大変な作業やけど、毎朝、海水見ることで、塩の出来具合がわかるんや。その時に強い火で追い込むか、今日は静かに行こうかとかな。
だいたい釜に入れる海水は15,000リットル。夜中も火は入ってるで。だいたい火入れて20日くらいで塩ができるんやけど、最後は必ず晴れた日、お天道様に干すわけやわ。これが最後に旨味がぎゅっと凝縮されるんや。やっぱりお日様はすごいで。やっぱり、すべてが手づくりということかな。

熊野黒塩本舗HPはこちら↓
http://www.kumano-kurosio.com/
薪で海水を炊く釜

薪で海水を炊く釜

 

一見材木屋かと

ユーモラスな海水タンク