色川の産品、宿泊、体験ツアー、WEBショップは「ええわだ!色川」のページへ!!
Toggle

ふるさと色川

  自給自足 満足まんぞく 生きて行こう

コラム

コラム2015.5

「皐月(さつき)」。諸説あるが、田植えをする月であることから「早苗月(さなへつき)」と言っていたのが短くなったものであるという。田んぼには水が張られあちらこちらで農繁期の合図が告げられている。ただ、今の時期耕運機の田を掻く音よりも茶を刈る音がよく聞こえる色川では「茶月」と書いても違和感はない。いずれにせよ、みな一息つく暇ないかのようにせわしなく農作業にいそしんでいる。ほっと色川というよりもhotな色川を迎えているみたいだ。

Return Top