色川の産品、宿泊、体験ツアー、WEBショップは「ええわだ!色川」のページへ!!
Toggle

ふるさと色川

  自給自足 満足まんぞく 生きて行こう

未分類

水力で動くかかしで獣を撃退

鳥獣害が深刻化している色川だが、住民も田畑への電柵・ネット、花火、檻など、さまざまな対策を講じて被害を防ごうと努力しています。最近、新たに仲間入りしたのが、写真のかかし。
–pagebreak–
口色川区の縣(あがた)川沿いに設置されているこのかかしは、ただ座っているだけではありません。なんと、水力を利用して、ししおどしの仕組みで腕が動き、「バン、バン」と音を鳴らします。住民が留守にしがちな昼間も、番人として周辺を見張っています。

製作者は、口色川の久保惠資さん。収穫を楽しみにしていた夏野菜が留守中にサルに襲われてしまい、人の代わりに目を光らせるかかしを作ろうと考案しました。設置後は、獣が来ている気配はないとのこと。また、かかし作りの参考にしたいと見学に訪れる人がいたり、子どもたちの人気者(?)になっているそうです。
(執筆:たき)

水力で腕が動くかかし

ししおどしが「バン、バン」と音を鳴らします

南平野区でも、ユニークなかかしが活躍しています

Return Top