色川の産品、宿泊、体験ツアー、WEBショップは「ええわだ!色川」のページへ!!
Toggle

ふるさと色川

  自給自足 満足まんぞく 生きて行こう

小阪

子孫繁栄・家内安全を祈って 亥の子祭り

子孫繁栄・家内安全を祈って 亥の子祭り

670
小阪区の「亥の子祭り」が11月1日に行われた。この祭りは、旧暦10月(亥の月)の最初の亥の日に行われる。一般的には、新米にその年に収穫した大豆・小豆・ささげ・ごま・栗・柿・糖(あめ)の7種類の粉を混ぜて、亥の子、つまりイノシシの子ども(うり坊)の色や形を真似て作った「亥の子餅」を食べ、万病除去、子孫繁栄を祈ったり、地域…
新年に向けての準備 棚田のしめ縄作り

新年に向けての準備 棚田のしめ縄作り

689
11月20日、秋とは思えない暖かさの中、棚田を守ろう会(松木繁明代表)による餅つき・しめ縄作り体験が小阪区で行われた。 このイベントは棚田を守ろう会が農業体験の一環として行っているもので10年以上続けられている。今年は参加者が数人と少ないこともあって、アットホームな雰囲気の中、細かいところまで丁寧に教わることができたよ…
大学生が地域の行事と出会う

大学生が地域の行事と出会う

695
各地区で施餓鬼が行われる8月。小阪区でも、例年通り施餓鬼が行われた。しかし、8月11日朝7時半、準備をしている南泉寺をのぞくと、少し様相が違う。住民たちがテキパキと仕事を進めるなか、慣れない手つきで寺を掃除する若者が2人…。修行し始めのお坊さんに見えなくもない彼らは、実は和歌山大学のインターン生だ。 今年小阪区は、和歌…
小阪の棚田で草取り体験

小阪の棚田で草取り体験

567
棚田を守ろう会(松木繁明会長)の毎年恒例草取り体験イベントが7月3日、梅雨空の中、小阪区の米作り体験農場で開催された。このイベント、少し地味な作業であまり人気がなく、年に4回行うイベントの中で参加者が少ない。だが、お米を作る上では欠かせない作業。お米ができる一連の流れを知ってもらいたいと毎年開催している。 今回は9人の…
作物の無事を願う 小阪区斎講

作物の無事を願う 小阪区斎講

697
田植えも無事に終わり、ほっとひと段落する人も多い6月10日、小阪区で斎講(ときこう)が行われた。 午前9時前には、20人以上の住民が南泉寺に集合。それぞれがお参りを済ませた後、住職の読経が始まった。このとき読む経は4種類あるそうで、すべてはわからないが、般若心経を柱に、行事の目的である龍神に対する雨の祈祷や作物に虫がつ…
東部に新しい風 無人販売所次々と

東部に新しい風 無人販売所次々と

800
東部地区が何やら賑わっている。ご存知の人も多いかもしれないが、昨年籠に誕生した無人販売所に続き、小阪区、南平野区でも新たな販売所が誕生したのだ! どちらも地域住民の楽しみになればと、区民の有志が立ち上げた。とはいえ、そこはさまざまな技をもつ色川住民たちの手によるもの。温かみのある雰囲気ながら、それぞれユニークな工夫がこ…
お釈迦様の生誕を祝う花祭り

お釈迦様の生誕を祝う花祭り

911
みなさんは、お釈迦様が誕生したといわれる日を知っているだろうか?調べてみると、いくつかの説や暦による違いがあるが、日本では現在4月8日とされているようで、この日に合わせて誕生を祝う仏教行事が催される。 正式には「灌仏会」(かんぶつえ)と言うそうだが、4月に桜が花開くことから、「花祭り」の名称で親しまれるようになったそう…
住民主役の獣害対策前進!!

住民主役の獣害対策前進!!

695
小阪区で集落環境診断が3月15日に行われた。「集落環境診断」を初めて聞いた人も多いだろう。医療では、病気になったら医者に検査してもらい診断を受け、これからの治療方法の合意を図り、治療していく。これを獣害対策に置き換えたものが集落環境診断と呼ばれている。今回は2人の専門家が色川に来て、診断を進めていった。 午前9時、小阪…
弘法大師に祈る地域の安寧

弘法大師に祈る地域の安寧

991
弘法大師には、数々の伝説が残されている。そのひとつに、各地を訪ね歩いたお大師様が、道々、水脈を掘り当てては日照りに悩む民を救った、という話がある。小阪区で行われる「水大師」の起源だ。 伝わったのは明治後期ごろといわれ、例年2月20日に「大師講」、21日に「水大師」が行われる。「大師講」は、住民が集会所に集まり、お大師様…
しめ縄作り・餅つき体験 盛大に

しめ縄作り・餅つき体験 盛大に

1016
棚田を守ろう会(松木繁明代表)による今年最後のイベント、しめ縄作り・餅つき体験が11月22日に開催された。どんよりとした空模様で雨が心配されたが、無事に行うことができた。 このイベントは、色川の文化と伝統を多くの人に知ってもらおうと、昔は歩くのに必需品だったわらぞうり作りと、正月に欠かせないしめ縄作り、そして昔ながらの…
Return Top