色川の産品、宿泊、体験ツアー、WEBショップは「ええわだ!色川」のページへ!!
Toggle

ふるさと色川

  自給自足 満足まんぞく 生きて行こう

棚田

新年に向けての準備 棚田のしめ縄作り

新年に向けての準備 棚田のしめ縄作り

377
11月20日、秋とは思えない暖かさの中、棚田を守ろう会(松木繁明代表)による餅つき・しめ縄作り体験が小阪区で行われた。 このイベントは棚田を守ろう会が農業体験の一環として行っているもので10年以上続けられている。今年は参加者が数人と少ないこともあって、アットホームな雰囲気の中、細かいところまで丁寧に教わることができたよ…
今年も田植えイベントが無事終了

今年も田植えイベントが無事終了

602
棚田を守ろう会(松木繁明代表)の田植え体験イベントが5月22日、小阪区の米作り体験農場で行われた。参加者は約30人、スタッフを含めて約50人と、例年よりやや少ない人数での田植えとなった。 午前9時にまず苗代での苗取りの作業がスタート。いつもは1日がかりの田植えが、この日はお昼までにすべて植え終わった。小学生たちも一所懸…
棚田サミットを開催!!

棚田サミットを開催!!

713
10月15日から17日の日程にて「第2回わかやまの棚田・段々畑サミット〜耕して生きる棚田の暮らし〜仲間とともに」が那智勝浦町(色川地区)にて開催された。サミットは地域資源である棚田や段々畑の保全活動活性化を図ることを目的としており、棚田保全活動をはじめ、都市住民との交流、移住・定住促進の取り組みが盛んな色川地区が今回の…
稲刈りイベント開催〜棚田を守ろう会〜

稲刈りイベント開催〜棚田を守ろう会〜

757
今年も実りの秋を迎え、棚田を守ろう会(松木繁明代表)の稲刈り体験イベントが、9月20日に行われた。当日は、東京や大阪、京都、神戸などから、総勢40人以上が参加。毎年、多数の参加があるNPO法人JUON(樹恩)ネットワークからは、今回20人を超える参加があり、例年以上に活気あふれるイベントになった。 作業は午前9時にスタ…
棚田の草取り体験に60人が参加

棚田の草取り体験に60人が参加

951
小阪区の棚田で活動をしている「棚田を守ろう会」(松木繁明会長)による草取り体験イベントが6月21日に開催された。この時期はいつも梅雨空で雨が心配されるが、終始好天に恵まれた。 同会は年4回の体験イベントを行っていて、草取り体験はその一つだ。お米を栽培する上でとても重要な作業であり、体験に来る人たちにお米ができるまでの流…
わかやま田舎暮らし現地体験を開催

わかやま田舎暮らし現地体験を開催

1035
6月20日、21日に「わかやま田舎暮らし現地体験会ツアー」が色川地区で開催された。このイベントは和歌山県が主催しており、「行ってみないと始まらない。体験しないと分からない」をテーマに、県内の移住推進地域にて今年度随時開催される。参加者は13名あり、京阪神からがほとんどで、神奈川県からの参加者も1名いた。 今回のツアーで…
小阪の棚田で田植え&棚田結婚式

小阪の棚田で田植え&棚田結婚式

951
5月17日、この日を待っていた!と言わんばかりの晴天。棚田を守ろう会(松木繁明代表)主催のイベント「田植え体験」が小阪区で行われた。事務局を担う吉田創さんの号令とともにイベントがスタート。参加者は40人を超え、スタッフを含め総勢60人ほどで苗取りと田植えを行った。 今回はイベントの中にサプライズパーティーが用意された。…
棚田でしめ縄・わらぞうり作り体験

棚田でしめ縄・わらぞうり作り体験

1410
棚田を守ろう会(松木繁明代表)主催の「餅つき・しめ縄作り体験」が11月23日に小阪の米作り体験農場横で実施された。当日の参加者は約40人、遠くは関東からも来てくれたが、色川内や町内からの参加も多かった。 参加者はしめ縄かわらぞうりを選んで作り方を教わった。講師はしめ縄作りが小阪の苅屋強光さん、上地善行さん、ぞうり作りは…
「第1回わかやまの棚田・段々畑サミット」に参加

「第1回わかやまの棚田・段々畑サミット」に参加

1102
「第1回わかやまの棚田・段々畑サミット」が11月15、16日に有田川町で開催された。このサミットに「棚田を守ろう会」(松木繁明代表)から4名が参加、他の地域で活動する団体などと交流を深めた。 「15日は現地見学会が行われ、有田川町沼谷地区の棚田を見学。沼谷地区は人口48人、高齢化率は80%という地域。見学した棚田は67…
青年会が小阪の草刈りに協力

青年会が小阪の草刈りに協力

494
「寒い中ありがとうございます!」 寒さを吹き飛ばすように鳥羽山誠一会長の声が響く。 12月9日、色川青年会による休耕田の草刈りが小阪区で行われた。 地域全体では、先進地といわれるほど若いIターン者が多い色川だが、小阪区にはまだ少なく、高齢化が進んでいて、休耕田も多い。 そんな声を耳にした会長が「じゃあ、みんなで刈ろう!…
Return Top