色川の産品、宿泊、体験ツアー、WEBショップは「ええわだ!色川」のページへ!!
Toggle

ふるさと色川

  自給自足 満足まんぞく 生きて行こう

獣害

鹿の解体技術を学ぶ講習会

鹿の解体技術を学ぶ講習会

1157
鹿肉をおいしくいただくためには・・・まずは捕獲。そして適切かつ迅速に処理されることにより、安全でおいしい鹿肉が出来上がる。その過程で重要なことの一つが衛生的な解体だ。特に販売する場合、消費者との信頼を揺るがしかねない問題だ。 山に捨てられることも多い鹿をできるだけ無駄なくいただく、そして色川の新しい産品にしたい。そんな…
獣害を考えるジビエ体験ツアー

獣害を考えるジビエ体験ツアー

2164
色川地域協議会(新宅伸一会長)は12月6・7日に獣害体験ツアーを開催した。11月に行われたツアーとは少し色を変え、ジビエ(狩猟によって捕獲された野生動物の肉)料理をテーマに鹿の解体から食すところまで行った。 ツアーには大阪や京都から5人が参加し、彼らの訪問とともに寒波もついてきた。ある程度の寒さは覚悟していたようだが甘…
秘境の1軒家を目指すウォーキングツアー

秘境の1軒家を目指すウォーキングツアー

887
だものの会(仮)は色川の知られざる魅力を発見しそして発信する有志の集まりだ。先日、第二回ウォーキングツアーを企画・実施し三人の参加者があった。その報告を以て記事に代えさせていただく。 ツアーは円満地公園を出発し明治時代に建てられたという一軒家を目指すというもの。円満地を出発するとすぐ川底を真っ赤に染めた川が見えてくる。…
都市住民が獣害と色川の暮らしを体験

都市住民が獣害と色川の暮らしを体験

1088
色川地域協議会(新宅伸一会長)による「獣害対策体験ツアー」が11月22日から2泊3日の日程で開催された。都市生活者に獣害の現状を「見て、知って、感じて」もらうことを目的にしており、年々深刻化するシカ・イノシシ・サルなどの野生鳥獣による農林業被害、そして暮らしの中での獣害との向き合い方を知ることができるスタディツアーとし…
猿害対策で、サルに発信器を装着

猿害対策で、サルに発信器を装着

941
サル、イノシシ、シカなどの数が増え、色川でも農作物や果樹への獣害が深刻化している中、色川鳥獣害対策協議会(曽根和仁会長)では、捕獲用の檻や電柵・ネットの設置などさまざまな対策に取り組んでいます。特に、稲穂が実る8~9月は、サルの群れが田んぼを襲撃するため、住民からの通報をもとに、交代で見回ってサルの被害を防ぐ追い払い活…
Return Top