色川の産品、宿泊、体験ツアー、WEBショップは「ええわだ!色川」のページへ!!
Toggle

ふるさと色川

  自給自足 満足まんぞく 生きて行こう

風景

それぞれの思いを乗せて-色川盆踊り大会-

それぞれの思いを乗せて-色川盆踊り大会-

999
毎年恒例の色川盆踊り大会が、8月14日に円満地公園で行われた。例年この時期降る雨が心配されたが、当日は気持ちのよい晴天。午後6時ごろから続々と人が集まった。来場者には、そろいの浴衣を着た歌い手・踊り手の方はもちろん、めいめいの浴衣に着替えた子どもたちも多く、会場はじつに華やかな雰囲気。音頭が響き出すと、ひとり、ふたりと…
いろがわびと 〜口色川区 久保惠資さん〜

いろがわびと 〜口色川区 久保惠資さん〜

813
「いろがわびと」、第1回目は口色川区に住む久保惠資さんをご紹介する。惠資さんは昭和15年に生まれてから今日までずっと色川で暮らしてきた。子どものときに自分の家の山に植林をしたことから始まり、学校卒業後、森林組合に入ってから約6年前の引退を迎えるまで林業一筋で生きてきた。 「植林した苗木をネットで囲うようになったのは昭和…
坂足の新名物!? 誕生秘話

坂足の新名物!? 誕生秘話

948
坂足区に住む後呂光さん・秀子さん夫妻のお宅に伺うと、「あれ?」と思う光景に出合う。「こんなところにきいちゃんを抱いた人がなぜ座っているんだろう?」と思って近づくと、なんとそれはよくできた「かかし」ではないか!この光景には、だれもが一度は驚くはずだ。 このかかし、じつは増える猿の被害をなんとかしたいと、後呂さんが手作りで…
花々の香りと色に誘われて…不動坂にいらっしゃい!

花々の香りと色に誘われて…不動坂にいらっしゃい!

941
色川の玄関口、南平野区には皆さんご存知、「みなみ野フィールズ不動坂」がある。不動坂の看板を通ると、甘い香りと赤・ピンク・青・紫・白…色とりどりの花たちが迎えてくれる。6月中旬、ササユリ、花菖蒲、アジサイが見事なまでに美しく花開いた。 オーナーの浦勝良さんがこの土地を買い取ってから9年間、山際に獣害対策のネットを張り、元…
伝統受け継ぐお弓祭り

伝統受け継ぐお弓祭り

820
大野区のお弓保存会(大石健司会長)は毎年1月2日に伝統行事「お弓祭り」を催している。 今年も晴天の下、36回目の祭りが色川中学校運動場で無事執り行われた。 前日の元旦には、会員の3人が色川神社の川でみそぎの儀式を行い、本番に向けて心身を清めた。少しでも昔のお弓祭りを再現させようと、みそぎの神事も復活させて今回で7回目と…
2年ぶりの亥の子祭り

2年ぶりの亥の子祭り

809
「こんばんは?亥の子祝います!」 雨上がりの夕暮れ、威勢のよい声が小阪の集落に響き、「亥の子祭り」の始まりを告げた。 百姓の神様をまつる亥の子祭りは、旧暦10月(亥の月)の亥の日に行われる伝統行事で、今年は11月22日に行われた。昨年は台風12号災害の影響で中止となったため、2年ぶりだ。 昔は色川の各集落で亥の子祭りが…
狩場刑部左衛門の遺徳をしのぶ

狩場刑部左衛門の遺徳をしのぶ

1060
色川の中でもひときわ冷たい風が吹く樫原区の狩場刑部左衛門神社で、11月1日、狩場刑部左衛門の例祭が、樫原区(井上百合子区長)と狩場刑部左衛門遺徳顕彰会(須川政明代表)により執り行われた。 約600年前の昔に、樫原に住む狩場刑部左衛門が「一蹈鞴(ひとつだたら)」と呼ばれる盗賊を退治し、その恩賞として那智山から寺山三千町歩…
大雲取地蔵祭り

大雲取地蔵祭り

767
山中の小さなお堂に鐘の音と読経の声が響く。すがすがしい秋晴れの下、大雲取地蔵祭りが10月24日に行われた。 場所は、熊野古道・大雲取越えの地蔵茶屋跡にある地蔵堂。ここには「大雲取地蔵尊」と呼ばれる32体の石地蔵が安置されており、昔から口色川の住民がまつってきた。 毎年10月24日に地蔵祭りが行われるが、昨年は9月の台風…
Return Top