色川の産品、宿泊、体験ツアー、WEBショップは「ええわだ!色川」のページへ!!
Toggle

ふるさと色川

  自給自足 満足まんぞく 生きて行こう

定住への道

色川生活の厳しい現状

医療体制は整っていない

色川にはIターンの医者による色川診療所が週1回半日開院していますが、救急や専門医は40分程度かかる町の病院へ行くことになります。最近は救急の場合、ドクターヘリが飛ぶようになりました。しかし、近隣市町の病院も医師不足で悩んでいます。

交通が不便

公共交通は1日3便のバスのみです。近隣市町までは乗用車で山道で40分ほどかかります。

水道が不便

ガス、電気などはそれほど不便はないのですが、都会のような水道はないので川から水を引いています。大雨のときは泥水になるほか、パイプが破損して断水することがあります。共同で管理しているところ以外は、大水が収まってから取水口までご自分で補修しに行くことになります。

ご近所付き合いはかかせない

村で生活するには都会のようにご近所との付き合いのない生活はできません。日頃からご近所とは良好なお付き合いをするとともに、地域の行事等には積極的に参加してください。

農業はご高齢者には厳しいです

色川地域は棚田で機械の使用が難しく、体力的にも厳しいものがあります。他に生活の糧を得るにも色川地区はもとより近隣市町も希望する職種での雇用は少ないようです。

Return Top