色川の産品、宿泊、体験ツアー、WEBショップは「ええわだ!色川」のページへ!!
Toggle

ふるさと色川

  自給自足 満足まんぞく 生きて行こう

田舎暮らしを目指している方へ

「農的暮らしをしませんか」という呼びかけに答えて、39年前から有機農業をめざして若い家族がポツリポツリと色川に住み始めました。 色川で育った子ども達は自然の中でたくましく生き、原風景を心の中にしっかりと受け止め、次の世代へ色川のすばらしさを伝えてくれます。

このホームページは田舎暮らしを目指してる人へ、夢の実現をお手伝いし、一人でも多くの方が、色川に住み、色川で子どもを育て、心豊かな地域づくりの担い手になることを願い作りました。

お知らせ

More

生活ブログ「ほっと色川」

山の色川でマグロ漁お話会

山の色川でマグロ漁お話会

140
漁業のまち、勝浦の文化伝統の普及と継承に取り組んでいる勝浦2,3区(脇入、仲ノ町「通称 脇中地区」)の有志「よみがえれ!脇仲倶楽部」の皆さんが色川を訪れ、海と山の住民同士の交流を楽しんだ。勝浦漁港の昔のパネル写真を用いた、山縣いずみさんによる当時のエピソード紹介や、元漁師・立木吉也さんの延縄漁によるマグロ捕獲方法の説明…
無人販売所、さらに次々と!

無人販売所、さらに次々と!

97
無人販売所。それは売る側と買う側の信頼で成り立つ仕組み。そんな販売所がここ最近、色川で流行のようだ。これまで、円満地、籠、小阪、南平野の4カ所に設置されている。そして今回、新たに2カ所設置された。 一つは熊瀬川の町営住宅が並ぶ県道沿いにできて、8月から斎藤節代さんが個人で販売している。きっかけは「色川各地に設置された無…
大学生が地域の行事と出会う

大学生が地域の行事と出会う

85
各地区で施餓鬼が行われる8月。小阪区でも、例年通り施餓鬼が行われた。しかし、8月11日朝7時半、準備をしている南泉寺をのぞくと、少し様相が違う。住民たちがテキパキと仕事を進めるなか、慣れない手つきで寺を掃除する若者が2人…。修行し始めのお坊さんに見えなくもない彼らは、実は和歌山大学のインターン生だ。 今年小阪区は、和歌…
太田でファミリーコンサート

太田でファミリーコンサート

80
「0歳からのファミリーコンサートin太田」が8月21日、太田小学校の体育館で開催された。このコンサートは、和歌山市在住で関西を中心に活躍しているmiyaさんが中心の企画。午前と午後の部があり、午前の部は童謡や手遊びなどを親子で楽しむ内容で、音楽と一緒に、子どもたちが元気に体育館を楽しそうに走り回っていた。 午後の部は、…
それぞれの想いを乗せて〜色川盆踊り大会〜

それぞれの想いを乗せて〜色川盆踊り大会〜

89
今年も8月14日、盆踊り保存会(松村光隆会長)主催の盆踊り大会が、円満地公園オートキャンプ場にて開催された。当日は、昼過ぎに小雨が少々降ったものの、まずまずの天気。6時から、色川青年会やたべものがかりによる夜店が開き、焼きそば・カレー・おでん・かき氷などの看板が並ぶ。思い思いの場所で、箸や缶ビールを手に歓談する人々が徐…
夏の風物詩、プール開きに300人

夏の風物詩、プール開きに300人

67
7月10日、円満地公園オートキャンプ場で毎年恒例のプール開きが行われた。昨年は土砂降りで、プールに来るお客さんはほとんどいなかったが、今年は晴天に恵まれ、約300人のお客さんが足を運んだ。 午後には、これも恒例になっているボール拾いや石拾いなど幼児や小学生対象の企画や、色川の特産物や円満地公園で使える宿泊券、プールの回…
歌で人を、色川を元気に

歌で人を、色川を元気に

55
「♪ここをコーラスのまちにしよう。ここをコーラスの天国に」 これは、「公民館色川合唱教室」の練習曲、「コーラス色川ソング」の出だしの一節。同教室は、この歌詞のような思いで活動を続け、10年以上になる。 現在は、およそ26人が在籍。「参加できるときだけ」「休止中」という人もいて、自分のペースで、地区や年齢、性別を超えて和…
サルからの便り〜対策のヒント〜

サルからの便り〜対策のヒント〜

61
「拝啓 色川の住民さま、季節も夏に移り代わり、暑さが増してきております。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。私たちは春先に家族が増え、にぎやかな生活を送っています。今年の夏は猛暑とされています、お互い気を付けましょう。 さて、畑や田んぼに目をやると、夏野菜がたわわに実り、稲にも穂が付き出すいい時期がやってまいりました。私…
小阪の棚田で草取り体験

小阪の棚田で草取り体験

44
棚田を守ろう会(松木繁明会長)の毎年恒例草取り体験イベントが7月3日、梅雨空の中、小阪区の米作り体験農場で開催された。このイベント、少し地味な作業であまり人気がなく、年に4回行うイベントの中で参加者が少ない。だが、お米を作る上では欠かせない作業。お米ができる一連の流れを知ってもらいたいと毎年開催している。 今回は9人の…
作物の無事を願う 小阪区斎講

作物の無事を願う 小阪区斎講

186
田植えも無事に終わり、ほっとひと段落する人も多い6月10日、小阪区で斎講(ときこう)が行われた。 午前9時前には、20人以上の住民が南泉寺に集合。それぞれがお参りを済ませた後、住職の読経が始まった。このとき読む経は4種類あるそうで、すべてはわからないが、般若心経を柱に、行事の目的である龍神に対する雨の祈祷や作物に虫がつ…
Return Top